おいしい料理作りましょ★手作りレシピの詰まったお料理本をどかんとご紹介しますー♪

毎日の献立困っていませんか?今日は何を作ります?
和食、洋食、それとも中華?手軽においしく作りましょう!

随時更新中

料理本【手作りレシピ 和食・洋食・中華】




スポンサードリンク

おいしいお料理のレシピ本をどんとご紹介♪ 和食 洋食 中華なんでもこい★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告料理本【手作りレシピ 和食・洋食・中華】TOP↑

洋食とは

日本における西洋料理の受容の歴史には洋食(ようしょく)の理解が必要である。洋食は、明治時代、西洋料理店の料理人が、日本人の好みに合うように西洋料理をアレンジしていき作り上げていった料理ジャンルである。カツレツ、コロッケ、フライを始めとした揚げ物料理やハンバーグ、グラタン、ハヤシライス、スパゲティナポリタンなどが代表的。

洋食の受容の過程で、チキンライス、オムライスのような欧米には類例のない料理が生まれたり、豚カツのように和食化しつつある洋食も生まれている。

トマトケチャップ、デミグラスソースは洋食で定番の調味料である。ベシャメルソースを使用するなどフランス料理の影響も強い。揚げ物にウスターソースをかけるスタイルは、この中で生み出されており、その影響でウスターソースを用いるだけで一銭洋食なる名称の食べ物も生み出され、これは後にお好み焼きへと派生していく。

パンの代わりにご飯を皿に盛り、料理をおかずとして交互に食べるという慣習も生まれた。従来の日本の食慣習に沿った方式ではあるが、この場合しばしば、ご飯は「ライス」と呼ばれ、茶碗に盛った和食のそれとは別のものとして扱われる。同時にフォークの背にライスを載せ食べるという独特のテーブルマナーが醸成されていった。このマナーはイギリスに由来するとの説もあるが、近年では誤りであるという認識が広まり、行われることは少ない。

これら洋食を出す飲食店は洋食屋と呼ばれる。 昭和の高度成長期にはデパートの食堂も洋食を提供する代表であり、近年はファミリーレストランがその役割を一部担っている。

文明開化に始まる日本の近代化の過程では、洋食はハイカラな存在であったが、そのメニューはやがて家庭へと浸透し、その殆どが日本の家庭の食卓をかざる惣菜として定着している。洋食自体が家庭の味として定着したこと、また経済発展により各国のグルメ情報が日本にも集まった結果、いまや洋食は多くの人にとっておふくろの味でもあるノスタルジックな郷愁を抱かせる日本の食文化として位置づけられている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スポンサーサイト
洋食とは料理本【手作りレシピ 和食・洋食・中華】TOP↑

料理本のカテゴリー

料理本のページランク


ページランクチェックツール

ブロとも申請フォーム

料理本RSSフィード

料理本リンク

料理本【手作りレシピ 和食・洋食・中華】 since2006
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。